MY MENU

センター紹介

<

センター紹介

ナザレ国際病院国際診療協力センターは2014年11月19日にオープンし、現在まで月平均100人以上の医療観光患者たちが来院しています。主にロシアやカザフスタン、ウクライナ、モンゴルなど東欧と中央アジア諸国をはじめ、米国や中国、日本、ドイツ、オーストラリアなど世界各国の患者たちがナザレ国際病院を訪問しています。

医療観光患者のほかに松島、青羅、永宗国際都市に所在している多国籍企業の外国人従事者や本社の派遣勤務者の来院が次第に増加しており、松島グローバルキャンパス大学との協力を締結して海外の教授陣と学生たちに良質の医療サービスを提供しています。

そのため、ナザレ国際病院は外国人専用動線の確保などワンストップ診療サービスを強化し、専従人員を拡大配置して多国語での診療サポート及び医事サービスを実施しています。外国人患者に最適化した診療計画を樹立して医学・韓医学の協力診療で治療効果を極大化し、今後も患者の健康と幸せのために努力してまいります。

組織図

国際診療協力センター長 / チーム長 / パート長 / モンゴル語コーディネーター / 中国語コーディネーター / ロシア語コーディネーター / 英語コーディネーター / 日本語コーディネーター