MY MENU

理事長・院長あいさつ

理事長あいさつ 先端医学と韓医学が共に互いの脆弱点を補完し、メリットを生かすことで最上の医療サービスを提供していきたいと思います。

イ・ガンイル ナザレ医療財団理事長

こんにちは。ナザレ医療財団、ナザレ国際病院の院長イ・スンジャです。
我々ナザレ医療財団は、1981年に開院したナザレ医院とナザレ韓医院を母胎として1994年にナザレ医療法人の設立とナザレ韓方病院の開院、2009年にナザレ国際病院の開院と総合病院への格上げなど30年の歴史を持つ医療を通じて、今や名実ともに仁川を代表する総合病院に成長しました。
これまでのように、一途に関心と愛情を注いでくださる皆様に心から感謝申し上げます。

ナザレ国際病院は、これまで脳血管センター、関節・脊椎センター、女性・小児センター、救急医療センター、総合検診センター、リハビリテーションおよび運動徒手療法センター、韓方センター、幹細胞治療センターからなる計8つの専門センターを通じ、特化した検診や応急処置・手術・リハビリ治療まで一か所で受けることができるワンストップ診療システムを完璧に備えました。
特に救急医療センターでは、救急医学科の専門医が365日24時間の常時待機システムを構築し、脳卒中患者の初期対応および急な発病や事故などによる救急患者の迅速かつ正確な診断、治療に当たっています。

また、仁川国際空港と松島国際都市に近いという地理的メリットを生かし、外国人患者の誘致事業も活発に進めています。ロシアやカザフスタン、ウクライナ、モンゴルなど各国の外国人患者が来院して治療を受けており、ナザレ国際病院は良質の医療サービスを提供することで患者の満足度を高め、韓国国内の医療観光産業の水準を格上げするのに貢献していると自負しています。

今後もナザレ医療財団は、社会各地で暮らす皆様と健康な生活を共に分かち合って様々なイベントを企画し、地域住民が共に参加する地域共同体の病院として新たな医療文化を創出し、また現代医学・韓医学・統合機能性医学の協診システムで真の医療として一線を画し、仁川と韓国を越えて世界と競ってまいります。

ありがとうございます。

院長あいさつ 西洋医学・韓医学協診システムで真の医療として一線を画し、世界と競ってまいります。

イ・スンジャ ナザレ国際病院 院長

こんにちは。ナザレ医療財団、ナザレ国際病院の院長イ・スンジャです。

我々ナザレ医療財団は、1981年に開院したナザレ医院とナザレ韓医院を母胎として1994年にナザレ医療法人の設立とナザレ韓方病院の開院、2009年にナザレ国際病院の開院と総合病院への格上げなど30年の歴史を持つ医療を通じて、今や名実ともに仁川を代表する総合病院に成長しました。これまでのように、一途に関心と愛情を注いでくださる皆様に心から感謝申し上げます。

ナザレ国際病院は、脳血管センター、関節・脊椎センター、女性・小児センター、救急医療センター、総合検診センター、リハビリテーションおよび運動徒手療法センター、韓方センター、幹細胞治療センターからなる計8つの専門センターを通じ、特化した検診や応急処置・手術・リハビリ治療まで一か所で受けることができるワンストップ診療システムを完璧に備えました。特に救急医療センターでは、救急医学科の専門医が365日24時間の常時待機システムを構築し、脳卒中患者の初期対応および急な発病や事故などによる救急患者の迅速かつ正確な診断、治療に当たっています。

また、仁川国際空港と松島国際都市に近いという地理的メリットを生かし、外国人患者の誘致事業も活発に進めています。ロシアやカザフスタン、ウクライナ、モンゴルなど各国の外国人患者が来院して治療を受けており、ナザレ国際病院は良質の医療サービスを提供することで患者の満足度を高め、韓国国内の医療観光産業の水準を格上げするのに貢献していると自負しています。

今後もナザレ医療財団は、社会各地で暮らす皆様と健康な生活を共に分かち合って様々なイベントを企画し、地域住民が共に参加する地域共同体の病院として新たな医療文化を創出し、また現代医学・韓医学・統合機能性医学の協診システムで真の医療として一線を画し、仁川と韓国を越えて世界と競ってまいります。

ありがとうございます。