MY MENU

病院概要

西洋医学と韓方医学、
統合機能性医学の協診システムを通じて韓国を越え世界へ!

ナザレ韓方病院を 先駆として、35年もの医療歴史を持つナザレ国際病院は、専門的な健診をはじめ救急対応、手術、リハビリ治療などを一か所で受けることができるワンストップ診療システムを完璧に備えています。

脳血管センターをはじめ関節脊椎センター、総合健診センター、救急医療センターなど、計8つの重点診療センターを通じて差別化を図った医療サービスを提供しており、救急医学科の専門医が365日24時間常時待機し、急な発病や事故による救急患者を迅速かつ正確に診断、治療しています。

また、松島新都市に近いという地理的な特性から外国人患者の訪問が続いています。

主にロシア、カザフスタン、ウクライナ、モンゴルなど東ヨーロッパや中央アジアの国をはじめ、アメリカや中国、日本、ドイツ、オーストラリアなど世界各国の患者がナザレ国際病院に来院し、西洋医学・韓方医学の協診治療をもとに多様な治療や手術、リハビリに成功しました。

ナザレ国際病院は、良質な医療サービスの提供に向けて外国人専用動線を設けるなどワンストップ診療サービスを強化し、専任の人材を配置した国際診療協力センターで多国語診療支援および事務・行政サービスを行っています。

先端西洋医学と韓方医学、統合機能性医学との協診システムで国際競争力を備えたナザレ国際病院は、今後仁川、韓国国内を越えて世界の医療機構の行列に入るために頑張ります。