MY MENU

韓方センター

西洋医学・韓方医学の協診をもとに四象体質に基づいて診断し、最上の韓薬剤で最高の韓薬を安全に提供します。治療効果を極大化するため、個々の患者に合わせた治療を行っています。

  • イ・ガンイル 理事長 韓方リハビリテーション科専門医
    専門診療分野

    難治性疾患のてんかん、チック障害、もやもや病、歯痛、インフルエンザ、 手顫症、喘息、気管支拡張症、狭心症、脳疾患による卒倒、昏睡、脳出血、脳震盪、中風、半身不随、体質診療及び体質鑑別、体質韓薬処方、神経精神科疾患「火病」、不眠症、うつ病、不安障害、集中力不足、パニック障害、心筋梗塞症予防、重金属汚染、肝炎、胆囊炎、胆石、腎結石、尿路結石、赤痢、食中毒、褥瘡、腫瘍、皮膚病、ニキビ、湿疹、アレルギー性皮膚、五十肩、骨粗鬆症 、打撲傷

  • ヨム・ドソン 韓方リハビリテーション科専門医
    専門診療分野

    中風、半身不随、言語障害、運動障害、認知障害、事故及び筋骨格系の痛み - 腰、首、肩、膝、股関節、足首、交通事故による後遺症 末梢性 - 口眼喎斜、手足のしびれ、手足冷え症
    自然医学 - 小児用補薬、中年強壮、更年期症状、高齢者用補薬、肥満、皮膚異常
    心身治癒 - 不安、不眠、ストレス症候群、消化不良

  • ムン・ジョンサム 韓方リハビリテーション科専門医
    専門診療分野

    筋骨格系疾患 - 腰痛、肩痛、膝痛のほか、各種筋肉・関節疾患、捻挫、交通事故による後遺症
    女性疾患 - 更年期障害、月経障害、不妊、産後養生
    内科疾患 - 肥満、鼻炎、多汗症、高齢者・小児虚弱症
    神経精神疾患 - 火病、不眠症、うつ病、不安障害、パニック障害

中風・難病

鍼、灸、カッピング、韓方薬などの韓方医学で中風を予防・治療し、原因不明の難病を治療しています。西洋医学において治療が不可能な疾患で苦しんでいる数多くの患者たちが韓方医術を通じて神秘的な効果を体験しています。

中風、脳卒中 意識不明、脳梗塞、脳出血、脳震盪、脳虚血
中風後遺症 麻痺、半身不随、片麻痺、下肢麻痺、上肢麻痺、嚥下障害、顔面麻痺、眼瞼下垂、大小便不通
小児中風 脳出血、脳震盪、脳梗塞、片麻痺、顔面麻痺
小児脳炎後遺症 驚風、動悸、小児麻痺、発達障害
脳疾患 てんかん、驚風、顔面痙攣、パーキンソン病
精神神経系 めまい、不眠症、うつ病、神経衰弱
事故による後遺症 打撲傷、神経痛、神経麻痺
その他 頭痛、片頭痛、めまい、良性腫瘍、あらゆるこぶ

古くから中風は韓医学的な方法で治療するのが効果が良いと広く知れ渡っていました。西洋医学で中風の治療効果を期待することは、間違った判断です。中風患者のうち、手術が必要なケースは極めて限られています。

中風は初期段階の時から韓方で救急治療を行うことが賢明な判断であり、中風による後遺症治療もまた韓方治療をしなければなりません。麻痺の治療は遅れれば遅れるほど治療効果が落ちてしまいます。ナザレ国際病院は、韓方病院に次いで37年の中風治療の歴史を誇っています。さらに、西洋と韓方の協診治療を通じて治療効果を極大化しています。

中風だけでなく、あらゆる難病治療にも驚きの効果がみられます。

西洋医学における難病は、その多くが組織細胞の老化、組織細胞の損傷、免疫不全、機能喪失、血液循環障害、気力不足などの疾患です。韓方医術は老化防止、細胞の再生、免疫増強、機能回復、血液循環、気力補強などの効果が卓越しています。

顔面神経麻痺

鍼治療 顔面神経麻痺に対して伝統的かつ最も安全で効果的な治療方法です。鍼治療を行うことで風寒が顔面の経絡に染み込んで発生する気血循環の障害を改善します。
灸治療 温かい気運を経絡に注入し、気血循環を円滑にして体の自然治癒力を高める役割をします。
韓薬処方 患者の体質や原因を把握した上でそれに見合った薬物を使います。一般的に気の流れに問題があるとみて、気を円滑に疎通させる薬物を中心に処方し、厳選された最適な薬物を使用することで急性期には発病初期の進行を防ぎ、慢性期には病変や全身の早期回復に向け、個人に合わせた処方を行います。

小児発達障害

鍼、灸、韓薬治療の気血循環を通じて脳細胞を再生させ、脳の中枢神経系の機能を活性化させます。脳性麻痺で苦しむ子供には、まず韓方治療を受けながらリハビリ治療を並行することで高い効果が得られます。

内科疾患・ 抗老化 ・補薬

韓薬の処方によって人体の気を活性化させることで機能回復、免疫増強、組織細胞再生、老化予防効果などが期待できます。

胃腸疾患 胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸炎、腸炎
肝疾患 肝炎、アルコール性肝炎、胆のう炎、肝硬変症、胆石症
呼吸器疾患 風邪、鼻炎、中耳炎、気管支炎、喘息、肺炎、慢性閉塞性肺疾患
泌尿器疾患 腎炎、膀胱炎、尿路結石、前立腺肥大
老人性疾患 老衰、視力減退、尿失禁、精力減退、全身の痛み
身体虚弱 食欲不振、疲れ、気力喪失、多汗症、元気不足

疾病治療には、西洋医学の効果の限界によって治療がうまくいかない内科疾患が多いです。高齢者や慢性病を患っている患者の炎症治療において、抗生剤は全く効果がありません。しかし、韓方医術の炎症治療の効果はどの患者でも優れた効果が得られます。

内科患者の多くが機能不足、免疫不全、組織細胞破壊、老化などの疾病に苦しんでいる理由は、西洋医学ではこのような疾病を治療できる薬品が開発されていないためです。しかし、機能回復、免疫増強、組織細胞再生、老化予防は韓方薬を処方することで良い効果が得られるケースが多くあります。

肺炎の韓方治療

鍼や灸、韓方薬処方を通じて肺の炎症を除去し、気運を生かして免疫力と自然治癒力を育てることが重要です。

女性疾病

不妊症 難妊症、習慣性流産、自然流産
妊婦疾患 嘔吐、食欲不振、風邪、腹痛、各種炎症、尿痛
出産前の症状 下血、下腹部痛、早産、難産、乳腺炎
出産後の疾患 腹痛、悪露不絶、浮腫、尿痛、肥満、乳房のしこり、風邪
子宮疾患 子宮炎症、冷え症、帯下、卵巣嚢腫、子宮筋腫、下血
月経疾患 生理痛、生理不順、月経過多、月経不足

妊娠中や出産後には化学薬品である西洋薬を服用してはいけません。出産前に西洋薬を服用した場合、お腹の中で育つ子供に致命的であるほか、障害のある子供を出産する可能性があり、出産後に西洋薬を服用した場合は子供の食糧である母乳がなくなり、代わりにミルクを与えなければならない問題が生じるためです。

そのため、妊娠中や出産後の疾病治療は人体に害のない韓方薬処方で治療することが、子供と母親が共に元気でいられるため一挙両得です。妊娠中や出産後にどんな病気であっても韓薬処方で治療することができるため、病気を心配する必要がありません。

人体に害のない韓方薬で不規則な月経を正常に変えることができます。また、生理痛も韓薬処方での治療が効果的であり、卵巣や子宮のこぶ、または子宮筋腫も韓薬で治療できます。

脊椎・関節疾患

西洋の鎮痛剤が必要ない痛みの早期除去、再発可能性の最小化を目指して診療に取り組んでいます。脊椎疾患と関節疾患のほとんどは、外傷によるケースを除いて筋肉や靭帯、軟骨の虚弱によって生じる疾患です。韓医学的に筋肉や靭帯、軟骨は肝臓と腎臓の老化や虚弱に起因するため、肝臓と腎臓を健康にすれば筋肉や靭帯、軟骨が丈夫になります。

脊椎疾患 腰痛、 腰椎椎間板ヘルニア、 首の後ろの痛み、頸椎椎間板ヘルニア、変形性関節症、脊椎側弯症、骨粗しょう症
関節疾患 膝関節炎、足首関節炎、肩関節炎、五十肩、肘関節炎、関節リウマチ、変形性関節症

退行性関節症

脊椎疾患と関節疾患のほとんどは外傷によるケースを除いて筋肉や靭帯、軟骨の虚弱によって生じる疾患です。韓医学的に筋肉や靭帯、軟骨は肝臓と腎臓の老化や虚弱に起因するため、肝臓と腎臓を健康にすれば筋肉や靭帯、軟骨が丈夫になります。

韓医術は鍼や灸、カッピング療法、韓方薬の処方で治療するため、一時的に痛みを和らげるための西洋薬のように人体に副作用を起こしません。痛みの部位によって治療方法が異なり、韓方薬の処方も違う方法で行っています。脊椎や関節疾患は韓医術で治療することが賢明な判断です。

皮膚疾患

西洋医学では効果が得られないあらゆる皮膚疾患を韓方医学を通じて治療しています。

皮膚疾患は体質に合わない食べ物の摂取によるアレルギー反応が多く、ウイルスやあらゆる細菌、真菌が身体の内部や外部に接触した際に表れます。

各種の皮膚病:ニキビ、蕁麻疹、アトピー、湿疹、ふけ、紫斑病、脂漏性湿疹、腫物、帯状疱疹、乾燥肌、円形脱毛症

アトピー

韓方では肺を強化し、五臓六腑のバランスを取って老廃物を除去することで血液を綺麗にし、停滞したものが円滑に循環するように促す体質改善療法を並行することでアトピー疾患を完全に治します。

アトピー治療 韓薬治療、鍼/灸、生活パターン、外用薬治療、アロマセラピー治療、韓方パック

鼻炎

鼻に表れる疾患には外鼻、鼻前庭、鼻腔、鼻中隔、そして副鼻腔など鼻を構成している構造物などに表れる各種の炎症や腫瘍、構造の異常、嗅覚障害などがあります。また、多く見られる鼻の疾患には、鼻腔の炎症性疾患である急性、慢性、肥厚性、萎縮性鼻炎やアレルギー性鼻炎、副鼻腔の急性、慢性炎症などがあります。特にアレルギー性鼻炎と慢性副鼻腔炎(蓄膿症)が最もよく見られる炎症性疾患です。

燻蒸治療(アロマ)

鼻腔の粘膜を和らげて炎症を除去する薬剤を蒸気を通じて鼻から吸い込む方法で、主に初期の抗炎症治療に使用されます。

下鼻甲介の浮腫を除去するだけでなく、吸い込んだ後にアレルギーによる鼻づまり、鼻水、咳などの諸症状を治療するほか、風邪の予防にも効果があります。

鼻腔塗布治療 鼻腔内に作用する韓薬剤を抽出して作られた蒸留液で炎症をなくし、組織の浮腫を和らげて鼻づまりを治療することができます
韓薬治療

韓薬を通じた最も根本的な治療が可能です。
炎症治療や全般的な機能回復、ひいては免疫増強にまで効果があります。

アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻炎、鼻腔内疾患は着実な(3か月程度)韓方治療を通じて完治できます。

交通事故クリニック

交通事故後の症状は、精神的なものと肉体的なものに分けられます。

精神的なもの 外傷後ストレス障害 (衝撃による恐怖、不安、憂うつ、過敏、不眠など) 器質性パーソナリティ障害など
肉体的なもの 痛みを中心とした 関節や筋肉、靭帯、神経などの損傷および障害

韓医学的にみると最も大きくて直接的な原因は瘀血です。
交通事故は血液検査やレントゲン検査、MRI検査などでは把握できないことが多いです。
検査上現れないからといって痛みがないわけではなく、主に脊椎の配列の異常による筋肉や靭帯の捻挫や循環障害などによって痛みが生じます。

ダイエットクリニック

肥満は万病のもとです。ほぼすべての成人病はもちろん、寿命にも影響を及ぼす肥満は、これまでの解決方法が食事の量を減らしてたくさん運動することしかありませんでした。

しかし、食餌療法と運動療法はそう容易いものではありません。韓方肥満治療剤「海藻消肥丸」は、人体に無害な韓薬剤材を使い、服用しやすい韓薬として作られました。1か月の服用で2~3kg痩せることができます。

四象体質の医学情報

韓医学は予防と治療のための気の医学です

四象医学は体質医学であり、臓腑機能の強弱によって太陽人、太陰人、少陽人、少陰人に区分します。ここでの大と小は臓腑の形の大きさを意味するものではなく、臓腑の機能が強いか弱いかを指しています。

人は宇宙の産物であると同時に天地の気を持って生まれ、四季の流れに沿って変化します。 人体の中には天地の陰陽五行の気があり、これが人体の気を作ります。人体の気とは、人の命を維持する物質の基礎であり、この気の運動変化もまた人の生命活動であるのです。人と天地が相応すると、人身は宇宙と共に陰陽五行説の運動法則によって制約を受け、数多くの具体的な運動法則も同じく相通じます。

天地の気が陰と陽に分けられるように、人身の気にも陰と陽の区分があるため、人身と宇宙の気の運動変化は統一した規律に従う必要があります。つまり、宇宙の普遍的な秩序に順応すると健康な生活を営むことができる一方、そうしないと病気が発病することになるのです。

韓医学はこのような理をもとに病気を予防して治療する韓国の伝統医学です。近年の韓医学は多くの発展を遂げており、臨床科の基礎研究において難病(がん、糖尿病、高血圧、中風、肝炎など)や経絡の実態と総合的な研究、経穴選択に対する動物実験、刺鍼を利用した麻酔や鎮痛などを主要課題としており、特に四象医学の基礎研究は非常に独特な面を持っています。
四象医学は韓医学者の李済馬(イ・ジェマ)が創案したもので、体質をもとに診断、治療する医学であり、臨床において「象」として変症して治療する独特な理論体系です。これは韓医学において重要な理論であると同時に、韓国伝統医学に体質医学という新たな概念を加えました。